出産後に見られる抜け毛・薄毛の原因とその対策

産後の薄毛の原因はおもにホルモンバランスの乱れです。女性が妊娠すると、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増加します。これは、母体を安全に保つための自然な生理現象です。ところが、産後はこれらのホルモンを大量に必要としなくなるため、どちらも分泌量が急激に減少します。正常なホルモン量を下回ることもあり、その結果、身体がその急激な変化についていけず、抜け毛などさまざまな不調が身体に表れやすくなります。髪の成長を促進する働きのあるエストロゲンと、育毛を維持する作用があるプロゲステロンが同時に少なくなるわけですから、出産後、抜け毛が増えるのも当然と言えば当然です。

産後の薄毛は一時的なもの
産後の薄毛は、上でも説明したように、ホルモンバランスが正常に戻るまでの過程における自然な現象です。ですから、抜け毛や薄毛を気に病んだり、その対策に躍起になったりせずに、出産を経験する女性なら誰もが経験することと気軽に捉えることが大切です。あまり気に病みすぎると、そのストレスがさらなる抜け毛の原因となります。

生活リズムを整える
出産後は赤ちゃんが中心の生活になります。昼夜関係なくおっぱいをあげたりしなければならないわけですから、睡眠不足になりやすく生活リズムが乱れやすくなってしまいます。それが抜け毛の原因となることは十分にあるので、なるべく規則正しい生活を心がけることが大切です。赤ちゃんが生まれてしばらくは、毎晩しっかり眠ることは難しい面もありますが、眠れない場合でも横になって目をつぶって過ごしましょう。それだけでも自律神経を整えるのにだいぶん違いがあります。

栄養摂取も大切
産後しばらくは赤ちゃんが最優先で、自分の食事まで気が回らないということはよくあることです。しかし、栄養不足は抜け毛・薄毛の原因ですから、忙しいときでも大豆食品は意識的に食べるように心がけてください。大豆にはイソフラボンというエストロゲンと似た作用をもたらす栄養素が含まれているので、抜け毛対策に役立つでしょう。