産後の薄毛をおしゃれにカバーするための髪型

女性は出産後、ホルモンバランスの変化により、抜け毛などさまざまな不調が身体に表れやすくなっています。薄毛は女性にとって大きな悩みですが、産後の抜け毛はほとんどすべての女性が経験する自然な現象です。短い人で1カ月、長い人なら1年ほど髪がごっそり抜ける期間が続きますが、あまり過剰に心配する必要はありません。ホルモンバランスが正常に戻れば、自然と抜け毛は少なくなり薄毛も回復します。ただ、もともと髪にボリュームがない女性の場合、それまでの期間、どんな髪型で過ごすかはわりと大きな問題です。そこで、薄毛でもそれが目立たない、かつ簡単に手入れのできる産後の女性にぴったりの髪型を紹介します。

ミディアム~長めのボブ
出産後は自分の時間が取れなくなるからと、あらかじめ長かった髪をばっさり切ってしまう女性も多いようですが、ショートカットのスタイルを保つためにはわりと頻繁に美容院に行く必要があります。ですから、それほど手間をかけずにスタイルが保てるボブがおすすめです。ボブでも、短い場合は一つに結べなくて顔に髪がかかって邪魔になることもありますし、長すぎるとドライヤーに時間がかかってしまいます。そういうわけで、手入れに時間のかからないミディアムからやや長めのボブがおすすめです。

前髪は厚めに
産後にごっそり抜けた髪がまた新しく生えてきたとき、短い髪の毛がツンツンになって、まるで落ち武者のようになってしまうこともあります。ですから、前髪の短いおでこを出すタイプの髪型はおすすめしません。少し重めにふんわりとかかるぐらいの前髪を作るとよいでしょう。

デジタルパーマでおしゃれに
おしゃれがしたくても、産後しばらくは自分のおしゃれに時間をかけられない女性がほとんどでしょう。パーマをかけたい場合でもコテを使っている暇はないので、スタイリングの楽なデジタルパーマがおすすめです。髪に動きが出て地味な印象が払拭できます。一本結びでアップにしても、ダウンスタイルにしても、ゆるふわ感があっておしゃれしているように見えます。