産後の薄毛が時間が経過してももとに戻らない原因

そもそも髪や頭皮の状態は、ホルモンバランスの影響をうけやすく、常に同じ状態ではありません。加齢とともに女性ホルモンは減っていくので、髪の濃さや太さは徐々に変化していきます。個人差はありますが、髪は次第に薄く細くなっていくものだと覚えておきましょう。

産後の薄毛の原因
女性の場合、妊娠中は母体を安全に保つため、大量に女性ホルモンが分泌されます。産後は一転、そこまで大量のホルモンが必要でなくなるので、ホルモンの分泌量が激減し、身体がその変化についていけずに抜け毛が増え薄毛になりやすいという特徴があります。しかし、ホルモンバランスが正常に戻れば、抜け毛はストップし、薄毛も回復します。ただ、出産までの過程で、母親の栄養は赤ちゃんにたくさん奪われているので、産後は栄養不足で外部の刺激からのバリア機能も弱くなっています。頭皮の肌荒れも起こしやすくなっているので、何もケアせずに放っておくと、産後1年以上経っても髪のボリュームが戻らないということもあります。

2人目の出産後は要注意
髪が戻らないのは、1人目の出産より2人目の出産のケースによく見られます。1人目の段階でかなりの栄養分を赤ちゃんに与えてしまっているので、2人目の妊娠時にまだ頭皮が健康な状態に戻っていないことが多いからです。そんな状態だと、産後の抜け毛・薄毛がさらに回復しにくくなります。

原因はホルモンだけじゃない
また、薄毛は頭皮の血行不良によっても引き起こされます。ですから、肩こりがある人の場合はさらに注意が必要です。コリがあるということは血行不良だということですので、十分な血液が髪や頭皮まで行き渡りにくくなっています。血液は栄養だけでなく水分も運んでいるので、血行不良だと頭皮が乾燥しやすくなり、そのため新しい髪の成長が妨げられるということも産後の薄毛の原因です。産後の薄毛はホルモンバランスの影響だからいずれ回復すると思っていたら、実は元からある肩こりのせいで、なかなか元に戻らないということもわりとよくあるのです。